シアリスと同じ効果を安く受けるならタダシップ

タダシップは、シアリスと同じタダラフィルを主成分としたED治療薬です。

つまり、シアリスのジェネリック医薬品になります。

シアリスは2007年にアメリカのイーライリリー社製によって開発・製造されたED治療の新薬です。

バイアグラ、レビトラに続く第3のED治療薬としても知られています。

特徴としては、食事の影響を受けにくいことから服薬のタイミングを選ばない、副作用が少ない、持続時間が長いので1錠で1日半楽しめるとしています。

例えば金曜日の夜に服薬すれば日曜日の昼頃まで薬の効果が続くため、1錠で週末を乗り切れることでウィークエンドピルとも呼ばれています。

2013年には従来のED治療薬を抑え、世界シェアNo1にもなりました。

タダシップは、そんなシアリスのジェネリック医薬品ですので、効果はシアリスと同じものと考えて問題ないでしょう。

ジェネリック医薬品とは、新薬の後に同じ成分と製法で作られる後発医薬品のことです。

新薬には本来特許が設けられており、特許期間中は開発メーカーが独占販売できますが、特許が切れた後なら他のメーカーがジェネリック医薬品を製造することが認められているのです。

さて、シアリスの特許はまだ継続中です。

ジェネリック医薬品の意味

では何故ジェネリック医薬品が存在するのでしょうか。

タダシップはインドの製薬メーカーのシプラ社が製造したのですが、実はインドは他国と異なる特許法が制定されているため、インド国内においては特許期間中のジェネリック医薬品の製造が可能となっています。

それによりインドの国内に限定されますが、シアリスのジェネリック医薬品が存在するのです。

タダシップはシアリスと同じ効果が得られるED治療薬で、尚且つシアリスに比べて1錠あたりの価格が安いという利点があります。

そのため日本人でも利用したいという方は少なくないのですが、購入を考えるなら、インドへ出向くか又は個人輸入で購入することになります。

わざわざインドに出向くのも大変なので、国内にいながらとなれば個人輸入にて購入することになるでしょう。

医薬品の個人輸入を行う際には、専門の個人輸入代行サイトを活用します。

医師の処方箋不要で利用できるため非常に便利です。

タダシップが手に入ったら、用法用量を守り、正しく服薬してください。

併用禁忌薬もあるため、何かしら病気を患っている方や他の薬を服薬している方は、安全性を考慮して一度医師の診察を受けてから服薬を決めたほうがいいでしょう。

勃起不全を改善する医薬品タダシップ

勃起が起きない、あるいは起きても長時間維持できないといった勃起不全を改善する方法には、医薬品を使用する方法があります。

勃起不全の治療ができる薬は世界各国で開発されており、たくさんの製品が市場に出回っています。

インドの製薬メーカーによって開発されたタダシップと呼ばれる製品もそのような医薬品の一つです。

タダシップの錠剤には、タダラフィルと呼ばれる物質が10mgもしくは20mg配合されています。

この物質は医薬品の種類ではホスホジエステラーゼ5(PDE5)阻害薬に分類されています。

なぜPDE5を阻害することが勃起不全の治療に役立つのかを知るには、まず勃起が起こってからおさまるまでの過程を知ることが重要です。

男性が性的刺激を受けると、脳で環状グアノシン一リン酸(cGMP)を生成するよう命令が出されます。

cGMPは、陰茎の海綿体にある神経と内皮細胞で生成された一酸化窒素が海綿体の細胞内に入り、グアニル酸シクラーゼと結合することによってつくられ、濃度が高まると陰茎の海綿体にある平滑筋が弛緩し、血管の拡張が起こって海綿体への血液の流入量が増加します。

血液の流入が増えると、海綿体内の圧力が上昇し、陰茎が膨張していきます。

タダラフィル含有の勃起不全治療薬タダシップ

一方で、性的刺激がなくなって興奮がおさまってくると、PDE5の活性が高まってcGMPをどんどん分解していきます。

これにより平滑筋が収縮し、海綿体内の圧力が低下して、陰茎も収縮して元の大きさに戻ります。

勃起不全を発症すると、様々な理由があって一酸化窒素の生成量が減少し、これによりcGMPの濃度が十分に高まらない状態になります。

この状態を改善し、健康な人と同じように陰茎を勃起させるための方法として考えられるのは、PDE5の活動を妨害して、分解されるcGMPの量を減らすことで、これを促すのがタダラフィルをはじめとするPDE5阻害薬の役割となります。

PDE5阻害薬はタダラフィル以外にもいくつかの種類がありますが、タダラフィルは他の種類と比較して持続時間が格段に長くなっているのが特徴で、タダラフィル以外の勃起不全治療薬だと最長で10時間程度しか効果が無いのに対し、タダラフィルは最長で36時間も薬効を持続させることができます。

これがタダシップなどのタダラフィル含有の勃起不全治療薬の大きな特徴です。

タダシップは日本で製造と販売が承認されている医薬品ではないので、入手するには外国製医薬品の通販サイトから注文する必要があります。

しかし、価格は製造販売されている勃起不全治療薬より安く、これがタダシップの人気の理由となっています。

シアリス系ジェネリックのタダシップで長時間の勃起をサポート

日本人男性の中で、EDと呼ばれる勃起不全に悩んでいる方が増えているといわれています。

これは性行為の際に、勃起が十分でなかったり、勃起状態を維持することができなくて、性行為に支障をきたす状態をED(勃起不全)と呼ばれています。

ED(勃起不全)の原因として考えられている理由には、加齢や心因的なもの、生活習慣病によるものなどがあげられていますので、自身の状態を知ることも大事になるでしょう。

現在では、勃起不全を改善するための、ED治療薬がいくつか発売されています。

その中のひとつに、「タダシップ」という医薬品があります。

これは、先発医薬品であるシアリスというED治療薬の、後発医薬品になります。

そのため、「タダシップ」の主成分はタダラフィルになり、先発医薬品のシアリスと同じ成分が配合されていますので、同等の効果が期待される医薬品になります。

タダラフィルという成分は、ホスホジエステラーゼタイプ5(pde-5)という、勃起を妨げる酵素の働きを抑制してくれることから、挿入中の中折れを防いで長時間勃起状態を維持することが期待されます。

個人差にもよりますが、最も長くて36時間持続することが可能とされています。

ED治療薬タダシップの使用法と副作用について

勃起時間が長い特徴がありますが、性的な刺激を受けない場合には、日常的に勃起することはありませんから、日々の生活に支障が出ることはないでしょう。

「タダシップ」の使用方法は、性行為の1時間〜4時間ほど前に服用するのが良いとされています。

体内での吸収する速度が緩やかになりますので、他のED治療薬に比べて副作用が少ないことも特徴のひとつとなっています。

1日の最大服用量は、タダラフィルとして20mgとなっています。

次に服用されるまでの時間は、36時間あける必要がありますので注意しましょう。

副作用は少ないとされていますが、頭痛や消化不良、背部痛や筋痛、鼻づまりなどが報告されています。

これらの症状が現れたなら服用を中止されて、医師や薬剤師などに相談されるのがいいでしょう。

「タダシップ」は、シアリスの後発医薬品になりますので、勃起状態の持続時間が長くて、副作用が比較的少ないED(勃起不全)治療薬とされています。

初めて服用される方は、1日の限度量である20mgの半錠から試されてはいかがでしょう。

ED(勃起不全)治療薬の「タダシップ」は、多くの方が効果を感じられていますので、用法や用量をしっかり守りましょう。